あなたは美容皮膚科について正しく理解していますか。美容皮膚科は皮膚に何らかの疾患がある場合だけでなく、美容をも目的とした診療分野です。

主に光老化現象に対する治療を支柱としたアンチエイジング療法を行うことで近年注目を浴びています。

具体的な診療内容として、ボトックス注射やヒアルロン酸注射などがあります。
ボトックス注射ははボツリヌス菌が産生する毒素を医療用に転用したもので、その筋弛緩作用を応用して額の横シワや目尻のシワ解消に用いられています。



またヒアルロン酸は水分保持に効果があるため、ふっくらしたハリのある肌を目指して利用されるものです。

NAVERまとめ情報をお教えします。

注射以外にもケミカルピーリングという方法もあります。ケミカルピーリングは使用する策剤によって、角質層をはがしたり肌の新陳代謝を促進するなどその効果にも差があります。
薬剤としては酸を利用する場合が多いですが、処置後その刺激によって肌に赤みが出たりピリピリするなどの症状が現れる場合もあります。



またケミカルピーリングと合わせてビタミンC誘導体を用いることで皮膚の再生を促進させる施術もあります。このように美容皮膚科で受けられる施術内容には様々な種類がありますので、どのような効果を期待するのか、どの程度まで求めるのか、施術にかかる費用と時間はどこまで許容できるかなどの観点から施術内容やクリニックを具体的に検討することが大切です。

また施術に当たっては自由診療となりますから、納得のいく診療を受けられるように事前に十分なカウンセリングが必要です。



Copyright (C) 2014 美容皮膚科についての概要説明 All Rights Reserved.